DekoちゃんのHAPPY SMILE

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州冬旅2007の1〜新春の安曇野散策

<<   作成日時 : 2007/01/01 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ボーン、ボーン、ボーンと柱時計がちょっと特別な午前0時00分を告げた時、文字通り「年越し」蕎麦を食べていました。木の床からほのかに温もり感じる部屋に宿の客人がそれぞれの家族と集いつつ、皆揃ってほのぼのとした中で、2007年1月1日を迎えました。囲炉裏ではお餅がおいしそうに焼けていました。
画像

さて、改めまして、明けましておめでとうございます!
朝、昨夜の囲炉裏の香りが残る部屋でお正月料理やお雑煮をいただいた後、タクシーで観光に出掛けました。まずは、穂高駅近くの穂高神社へ初詣。境内はすでに参拝客でいっぱいでした。古くから信濃の大社として信仰されているそうで、広くて立派な神社でありながら、地元に根付いた親しみやすさも感じられる神社です。おみくじではびしっと大吉を引き、王わさび農場へ。
画像

アルプスの雪解け水が豊富なここ穂高地方では古くから山葵の栽培が行われているそうです。澄み切った水を湛え青々と広がるわさび田が太陽の光にきらきら輝き、とても綺麗でした。また、黒澤明さん脚本の映画「夢」・第8話『水車のある村』のロケ地になった水車小屋があり、その水辺も美しく風情があります。以前、ここの売店で摩り下ろした生山葵を試食させてもらった時に辛味よりもむしろ甘みを感じで驚いたことがありました。そこで今回も是非と生山葵を買ったところ、お正月ということで抽選券が付いてきました。早速ガラガラポン・・・ここでもびしっと1等を引き当て、わさびワインをげっと!

『穂高神社』ホームページ http://www.hotakajinja.com/
『大王わさび農場』ホームページ http://www.daiowasabi.co.jp/

画像

「早春賦」(作詞 吉丸一昌・作曲 中田章)歌碑>へ。この唱歌は春を待つ安曇野の風景を描いたものだそうです。歌碑の側にあるオルゴールから流れてくるメロディーと歌詞に込められた気持ちを想像してそっとそこからの景色に重ねてみました。

その後、NHKの朝の連続ドラマ「水色の時」のロケを記念して造られたという道祖神を通過しつつ、アルプスが展望できる長峰山に向かいました。うっすら雪が積もった山頂付近には元旦の山登りを楽しむ一行が焚き火で暖をとっていました。高台へ上ると遠く見上げていた山々の頂が目線の高さまで上がり、眼下にはもやに包まれた平野が遥か見渡せ、深呼吸をしたい気持ちになります。

しばらく眺望を楽しんだ後、昼食にお蕎麦屋さんへ連れて行っていただき、最後にAZUMINO ARTHILLS MUSEUMへ行きました。ここは世界中のガラス製品の展示やショップが一体化したスペースです。陳列棚の奥をガラス張りにして、安曇野の景色をバックに色とりどりのガラス製品を飾ったり、天井から太陽光を取り込んだり、自然との一体感がおしゃれに演出されています。これだけたくさんの種類のものを一度に目にすることも珍しく、いい目の保養になりました。

お正月ということでお休みのところも沢山ある中、タクシーで回ったお陰で4時間程で色々見ることができ、いい想い出が増えた楽しい一日でした。その後は宿に戻り、ゆっくりと過ごしました。

『AZUMINO ARTHILLS MUSEUM』ホームページ http://www.arthillsmuseum.jp/

(写真上から)1枚目:囲炉裏でお餅を焼いているところ 2枚目:大王わさび農場のわさび田 3枚目:早春賦の碑からの風景

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信州冬旅2007の1〜新春の安曇野散策 DekoちゃんのHAPPY SMILE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる