DekoちゃんのHAPPY SMILE

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5回 ちんちろりん〜京の名刹で伝統芸能を楽しむ〜

<<   作成日時 : 2007/10/21 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日舞・尾上博美さんと狂言・高野明子さんの二人会「ちんちろりん〜京の名刹で伝統芸能を楽しむ〜」へ出掛けてきました。会場は、鹿々谷住蓮山安楽寺。哲学の道を少し逸れた静かな道に佇む安楽寺。パンフレットには、鎌倉時代に法然上人の弟子である住蓮上人と安楽上人が結んだ鹿ヶ谷草庵が始まりであると書かれています。後鳥羽上皇に寵愛された女官、松虫姫と鈴虫姫が出家した庵で、そのことが上皇の怒りに触れ、専修念仏教団弾圧のきっかけとなったそうです。
画像

茅葺き屋根の山門、よく手が入り整えられたお庭、本堂。すべてが凛としていて心地よく落ち着きます。本堂にお参りをし、中に設けられたお茶席に通されました。一服いただき、奥のお座敷へ。こちらが今日の会場です。客席に毛氈が敷かれてるだけで、舞台との段差はありません。

『京都住蓮山安楽寺』ホームページ http://anrakuji-kyoto.com/

画像

ご住職による解説の後、まずは安珍清姫伝説が題材の日舞「鐘が岬。清姫を舞う姿は手先足先まで艶っぽく美しくて、恋する乙女の気持ちが伝わってきます。目が合ってしまって、ちょっとどきっとしました。
次に狂言「千鳥」。話の面白さと狂言方との距離の近さ、まるで自分もその物語の場面に居合わせたように引き込まれて、太郎冠者と酒屋のやりとりにどきどき。多いに笑わせていただきました。
最後にお2人からのご挨拶。日々の精進とともにまだお若いのに後継者を育てる努力もされているとのこと。素晴らしいですね。いい季節と素敵なロケーションが一層この舞台を引き立てて、楽しい時間を過ごせました。また是非伺いたいと思います。

画像

帰り道、白川通を歩いていてふと目に入ったパン屋さん・・・山田製パン所?って・・・あの、ヤマダベーカリー?!何年か前、本で紹介されていたのを見て、気になっていたのです。もちろん家へ買って帰りました。毎日食べても飽きないだろうなと感じる素朴な味のパン、おいしかったです。さすが、昭和22年創業以来60年間愛されてきた老舗のパン屋さんだなと思いました。

『ヤマダベーカリー』ホームページ http://yamadabakery.jp/

(写真上から)1枚目:安楽寺山門 2枚目:安楽寺本堂とお庭 3枚目:ヤマダベーカリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第5回 ちんちろりん〜京の名刹で伝統芸能を楽しむ〜 DekoちゃんのHAPPY SMILE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる