DekoちゃんのHAPPY SMILE

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州冬旅2008の3〜安曇野をあとに

<<   作成日時 : 2008/01/03 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝食をいただき、荷物をまとめて宿をあとにしました。宿で駅までのタクシーを頼んでいただいたのですが、迎えに来て下さったのはたまたま昨年お世話になった乗務員さんでした。今回の往きにもお世話になったのですが、ご縁があるなぁとびっくり。本当に実直で親切な方なのです。また次の機会を楽しみに、ご挨拶をして別れました。
画像

北アルプスの山並みと対面する明科の山々、そこに広がる安曇野の田園風景を目に焼き付けつつ、列車で松本へ向かいます。松本駅周辺で昼食や買い物を済ませ、特急しなのに乗車。帰路に着きました。

昨日に引き続き今日もお天気がよく、往きに真っ白だった木曽川の渓谷沿いの山や田畑は雪が溶け、地肌が見えていました。中央本線(中央西線)を走る列車からの眺めは、揺れと引き換えに?素晴らしく、特に木曽福島を南下し、上松(あげまつ)を通過した辺りにある「寝覚の床(ねざめのとこ)」は名勝として有名です。花崗岩が木曽川の激流によって浸食されてできた自然の造形美。竜宮城から帰った浦島太郎が玉手箱を開けたとされる伝説の場所で、弁財天が納められた浦島堂があるそうです。
画像

名古屋から北上する時は、近付くと案内のアナウンスが流れます。ダイヤに余裕がある時は徐行してくれるのですが、今回は往復とも一瞬にして通り過ぎてしまいました。

無事に名古屋に到着、新幹線に乗り換え。京都駅の外へ出て感じたこと・・・あぁ、やっぱり空気が淀んでいる・・・普段は感じないのですけれどね。穂高のように山沿いへ行かずとも、松本市の中心街でも空が高く(山が高いせいでしょうが)、空気が澄んでいることを実感するのです。やっぱり、また行きたい・・・しなのを使わないルートも開拓すべし・・・高速バスか東京経由で特急あずさか・・・。あまりお正月の実感はなかったのですが、今年も家族とともにいい年始を過ごせて、何よりよかったです。さぁ、明日からお仕事だ〜。

(写真上から)1枚目:穂高駅から北アルプスを望む 2枚目:寝覚の床、何とか1枚撮影

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信州冬旅2008の3〜安曇野をあとに DekoちゃんのHAPPY SMILE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる