DekoちゃんのHAPPY SMILE

アクセスカウンタ

zoom RSS 日・タイ・カルチャー・フェア

<<   作成日時 : 2013/09/15 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は台風接近で、生憎のお天気でしたが、「日・タイ・カルチャー・フェア」(NPO法人日本タイ教育交流協会主催)に行ってきました。タイとの交流促進の活動に力を入れている母校の後輩さんからご案内いただき、楽しみにしていたのです。会場は伏見区の総合庁舎にある伏見青少年活動センター。数年前に建て替えられたようで、酒蔵をイメージするような素敵な外観でした。
画像

さて、会場に着くと、メインステージではタイ歌謡が披露されており、たくさんの人達で賑わっていました。色々なコーナーが設けられていたので、まずはひと回り。

「学びのコーナー」に展示されていたミャンマーとの国境近くの山村・クンユアムにおける第二次世界大戦の時の日本兵と村の人々との真の友好の話には胸を打たれました。

お昼も過ぎたところで、いい匂いが漂う「食のコーナー」にて、タイの焼きそば・パッタイをいただきました。センレクというお米でできた麺に具はもやし、ニラ、卵、ピーナッツ、たくあんなど。ナンプラーの香りがアクセントとなり美味しかったです。ちなみに辛くありません。

ひと通り見せてもらったら帰ろうと思っていたのですが、会場に飾られていたカービングの作品に惹かれ「体験コーナー」のカービング教室を受講することにしました。
画像


『NPO法人日本タイ教育交流協会 』ホームページ http://jtees.jimdo.com/
『タイ国政府観光庁』ホームページ http://www.thailandtravel.or.jp/

教室が始まるまで時間が空いてしまったので、近くの御幸宮神社(ごこうぐうじんじゃ)へお参りして、御香水と呼ばれる名水をいただいてきました。御幸宮のすぐ隣の日本建築は桃山キリスト教会。いつも何だか不思議な感じがします。雨の中、少し付近を散策して、再び、会場に戻りました。
画像

画像


メインステージのワークショプを見ているうちに、カービング教室の時間に。タイカービングとは、野菜や果物に彫刻を施す伝統文化で、元々は宮廷で王様にお料理を楽しんでいただくために考えられたものだそうです。

今日の素材はリンゴときゅうり。カービングナイフという細いナイフを使い、先生に教えていただきながら、カービングを施します。ナイフを入れる角度と深さを加減しながらの繊細な作業に夢中になり、あっという間に時間が過ぎました。いい体験をさせてもらいました。作品(?)は家に持ち帰り、無駄にせずにいただきました。
画像

画像


『日本タイカービング協会』ホームページ http://www.japan-tca.org/

タイと言えば、以前にタイ出張から帰った上司が「微笑みの国・タイと言うとおり、人々が皆、ポライトでジェントルで心地よかった。それを見習おうと思っていたけれど、3日でいつもの仏頂面(これは事実)に戻ってしまった。」と話していたのを思い出します。
今日は色々と新しいことを知ることができ、楽しませていただきました。企画、運営、本当にご苦労されたことと思います。お疲れ様でした。ありがとうございました。

(写真上から)1枚目:日・タイ・カルチャー・フェアの入口 2枚目:クンユアムに関する展示 3枚目:タイの焼きそば・パッタイ 4枚目:御幸宮神社 5枚目:桃山キリスト教会 6枚目:カービング(左上が先生の見本、下の4つが体験で彫ったもの) 7枚目:先生のカービング作品

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日・タイ・カルチャー・フェア DekoちゃんのHAPPY SMILE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる